2008/11/14

さかさまの世界

SDIM5234
View large

当直明けの眠い頭で山へ。
あー、でもあんまり撮るものがないなーと思っていたら山道にひっそり咲いていました。
花の名前は釣鐘人参(ツリガネニンジン)。
去年の今頃もCaplio R6で撮りましたっけ。


SDIM5231
View large

宮沢賢治の童話に出てきそうな花。


SDIM5249
View large

池の水面をくるりと180度回転すると風の又三郎の世界です。
ぜひView large↑でご覧下さい。


SDIM5252
View large

ひゅるり~ひゅるりらら~。


SDIM5254
View large

これが回転する前の景色なり。

6 件のコメント:

  1. ツリガネニンジンかわいいです。
    安野光雅氏が描くコロボックルの帽子のよう。

    水面に落ちた枯れ葉が、映る景色に舞っているように見えますね。
    本当に又三郎が現れそうです。
    右側のダークな部分がミステリアスな感じと
    空の透明感の対比も面白い。
    yam

    返信削除
  2. いいですねー。反転した世界。

    水中にガラスで台座をこしらえ、そこに美しいモデルさんを立たせたいものです。

    TiM3

    返信削除
  3. とーし11/15/2008

    えーと、オルフェってコクトーの映画でね、たしか登場人物が鏡の中に入っていって、その反面的世界が異様に美しかった、そのシーンを池の水面の写真を見て、思い出したよ。
    だけど、あまり昔の話なので、本当に鏡に入った話だったかどうか自信がないや。
    だけど、その鏡の世界として覚えているシーンは逆回しで時間が逆行していくんだけど、これは本当に変な言い方だけど見ていて生きた心地がしないほど、美しかった。

    しばらくぶりに、shinさんの写真がそんなことを思い出させてくれたんよ。サンクスね。

    返信削除
  4. yamさんありがとうございます。
    十年以上前に安野光雅さんがNHKの趣味百科に風景画の講師として出演されたのを思い出します。
    僕も張り切ってテキストを買ったんですが
    テキストを読むだけに終わってしまいました。
    とほほ。

    返信削除
  5. TiM3さんサンキュです。
    >水中にガラスで台座をこしらえ、そこに美しいモデルさんを立たせたい。
    あーいいですね~。
    僕だったら白いフリルの付いたネグリジェのようなものを着て泳いでもらいます。
    反転したら空を舞う天女みたいになるでしょ?

    返信削除
  6. >とーしさん。
    うーん、蔵志が深い!
    コクトーのデッサンは見たことがありますが映画は見たことがありません。
    ジャック・プレヴェールの詩ならいくつか知ってるんですが‥‥。
    フランスっておもしろそうですよね。

    返信削除