2015/01/02

モンブランのパーマネントインク

Montblanc Permanent Blue

モンブランのパーマネントインクブルーが気に入っています。
ペン先の滑りが驚くほどよいのです。それは、








Montblanc Permanent Blue

たぶんペン先と紙の間で顔料粒子がコロのような枠割を果たしているのではないかと。
セーラーの顔料系インクの青墨も好きな色でこのペン(149BB)に入れて長く使っていましたが
このような滑り感はあまり意識しませんでした。








Montblanc Permanent Blue

それから特筆すべきはインク窓のクリアランス。
万年筆のインク窓、特にモンブランのそれはとても小さく見づらいのですが
クリアランスの悪い染料系のインクではいつまでたってもインク窓の中がよく見えないのに対し
パーマネントインクは顔料系のためペンを立てるとすぐに窓の中が見えるのです。

また染料系のインクでしばしば経験することですが
書いてすぐはとても色鮮やかなのにしばらくすると色がくすんでしまう。
パーマネントインクは色の変化が殆ど無くしかも耐水性。

さらに意外にメンテナンスフリー。
いやもちろん顔料系だから使わずにおいておくことは良くないんですが
モンブランの万年筆の気密性が高いせいか、きちんとキャップを閉じておけばしばらくぶりに使っても書き出しはスムーズ。

IMG_3064a

ただし顔料が水より重いせいかペン先を上にして立てたままにしておいて
しばらくぶりに使うと書き出してしばらくは筆跡が水のように薄い。
それならというので最近はペンを逆さまに立てるようにしている。
こうすると書き出しから濃く書けます。

雪のお正月。写真を撮りに行けないので室内文具ネタでもと思って書いてみました。





3 件のコメント:

  1. みゆ1/05/2015

    あけましておめでとうございます!今年も楽しみに拝見します。さすがこだわりの万年筆の話題ですね。しかし、、、、インク壺の奥の小さい車たちと立てかけてあるCD気になります。もしかしてビル・エヴァンス?気になるなぁ。

    返信削除
  2. みゆさんあけましておめでとうございます。
    少ない需要もモノともせず今年も思いのままに更新し続けたいと思います^^。
    えーと、このCDはマーラーですね。1978年のテンシュテット指揮マーラーの5番です。
    小さいクルマはゆっくり増殖を続ける我が家のフィアット君たちです^^。
    ことしもよろしく~。

    返信削除
  3. みゆ1/06/2015

    マーラーとは意外でした。でも、何なら意外じゃなかったのか?と聞かれると答えられないんですけどね。
    ゆっくり増殖、このフレーズいただきました。
    今年も美し写真を楽しみにしております。

    返信削除