2016/02/02

カンガルーの金玉袋

ABARTH shift knob

アバルト595のアルミ削り出しシフトノブは大きさも握った感じもとても気に入っているのですが、なにせ冬はキンキンに冷たく、夏は火傷しそうなくらい熱くなるのが困りものです。
私がドライビンググローブをはめている理由のひとつはそこにあるのですが、最近運転中に煙草を吸うようになりグローブの代わりに何かいいシフトノブカバーはないものかと探しておりました。
15cm四方くらいのなめし革の端切れのようなものでシフトノブを包み込んで革紐で括るようなものをイメージして、ネットで検索したのですがなかなか思うようなものが見つかりません。
「革+巾着」で画像検索して見つけたのが・・・











kangaroo scrotum

このカンガルーの金玉袋です。
価格は日本では大体2,500円くらいでしょうか。eBayなら送料込みで1,000円ちょっとであるようですね。












kangaroo scrotum

真偽の程はわからないので省略しますがこのカンガルーの金玉袋にはオーストラリアの先住民に伝わる霊能的な言い伝えがあり「幸運の袋」として土産物になっているようです。
しかし私が望んでいるのは霊能ではなくこの形。
これはまさにシフトノブカバーにうってつけではないか!











kangaroo scrotum as a shift knob cover

サイズもまさにアバルトのシフトノブにピッタリです。
しかしくびれの部分をノブが通過できないので













kangaroo scrotum as a shift knob cover

大胆にもカッターで切開します。














kangaroo scrotum as a shift knob cover

ギュウギュウ押し込んでようやくノブが中にはいりました。
(注:商品のサイズにばらつきがあるので常にこの方法が適切とは限りません)













kangaroo scrotum as a shift knob cover

アバルトのシフトレバーに装着してみました。
カンガルーがむこうを向いていたのでカバーをギュウギュウねじってこちら側に。













kangaroo scrotum as a shift knob cover

もうこれで暑さ寒さも平気です。
実際に使ってみて驚いたのは手触りの良さ。金玉だけに意味もなくずっと触っていたくなります。
ああ、幸せ(ばかか?)。





0 件のコメント:

コメントを投稿