2007/08/01

雨乞い師

大へんな旱魁があった。何ヵ月もの間、一滴の雨も降らず、状況は深刻だった。
カトリック教徒たちは行列をし、プロテスタントたちはお祈りをし、中国人は線香をたき、銃を撃って旱魁を起こしているデモンたちを驚かせたが、何の効果もなかった。
最後に、その中国人が言った。「雨乞い師を呼んで来よう」。

そこで、別な地域から、ひからびた老人が呼ばれてきた。彼はどこか一軒の静かな小さい家を貸してくれとだけ頼み、三日の間、その家の中に閉じこもってしまった。
四日目になると、雲が集まってきて、大へんな吹雪になった。
雪など降るような季節ではなかった。それも非常に大量の雪だったのである。
町中は、すばらしい雨乞い師の噂でもちきりであった。

そこでリヒアルト・ヴィルヘルムは出かけて行って、その老人に会い、どんなことをしたのかとたずねた。彼は、まったくヨーロッパ風にこう聞いたのである。「彼らはあなたのことを雨乞い師とよんでいる。あなたがどのようにして雪を降らせたのか、教えていただけますか?」。
すると、その小柄な中国人は言った。
「私は雪を降らせたりはしません。私は関係ありません」。

「では、この三日間、あなたは何をしていたのです?」
「ああ、そのことなら説明できます。私は別の地方からここへやってきたのですが、そこでは万事が秩序立っていたのです。ところがここのひとたちは秩序から外れていて、天の命じている通りになっていないのですよ。つまり、この地域全体がタオの中にないというわけです。ですから、私も秩序の乱れた地域に居るわけで、そのために私まで物事の自然な秩序の中に居ないという状態になってしまったわけです。そこで私は三日間、私がタオに帰って、自然に雨がやってくるまで、待っていなくてはならなかった、というわけなんです」。

絶版になった春秋社の「タオ心理学 ジーン・シノダ・ボーレン著 春秋社」のC・G・ユング『結合の神秘』脚注の引用部分である。良い本は必ずといって良いほど絶版になる。
このお話の重要なポイントはいくつかあるが、その一つが雨乞い師の「私は雪を降らせたりはしません。私は関係ありません」という発言である。
再び『弓と禅』を引用する。

そこである日私は師範に尋ねた。
「いったい射というのはどうして放されることができましょうか、もし私がしなければ」
「それが射るのです」と彼は答えた。
「そのことは今までに既に二、三回承りました。ですから問い方を変えねばなりません。いったい私がどうして自分を忘れ、放れを待つことができましょうか。もしも私がもはや決してそこにあってはならないならば。」
「それが満を持しているのです」
「ではこのそれとは誰ですか。なんですか。」

それからのちのある日、ヘリゲルの一射のあと師範はお辞儀をしてこう告げる。

「今し方それが射ました」 

「それはあなたに関係があってはならぬものです。また私はあなたに向かってお辞儀したのでもありません、というのはあなたはこの射には全く責任がないからです。」

雨乞い師と弓の師範は、こうして奇しくも同じ言葉を述べる。
これは偶然ではない。








0 件のコメント:

コメントを投稿